『EMS療法』ってなに?

EMSとはElectrical  Muscle  Stimulationの略で、直訳すると電気的な筋肉への刺激という意味で、電気を使って強制的に筋肉を収縮させて刺激する機器のことを指します

 

元々は医療用として開発され、スポーツ選手のリハビリやトレーニングで使われてきました

人の筋力は、何もしないでいると20歳をピークに1年に1%減少していきます

70歳の方で考えると、ピーク時の筋力から50%減少している事になります

 

筋力が低下すると体を支えられなくなり、体がゆがみ、腰痛や肩こりなど様々な疾患を引き起こすだけではなく、ふらつきによる転倒のリスクも高まり、非常に危険です

 

『EMS療法』は筋肉に電気刺激を与えるだけなので、寝ころんだままでも運動効果が得られます

運動が苦手な人でも手軽に取り組んで頂けます

特に自分ではなかなか鍛えられないインナーマッスルを刺激できるので、筋力の弱い女性や高齢者に好評です

 

インナーマッスルとアウターマッスルの違い

インナーマッスル アウターマッスル
インナーマッスルだけを自分の意志で動かすことができない 自分の意志で動かせる
疲労しにくく、持久力がある 疲労しやすく、持久力が無い
瞬間的なパワーは無い 瞬間的なパワーがある
インナーマッスルだけを自分で鍛えることが出来ない 自分で鍛えられる
一度鍛えると衰えにくい 鍛えても、衰えやすい

上記の事からインナーマッスルを鍛えるにはアウターマッスルも同時に鍛える事になるので体力のない方には非常につらい作業となります

 

『EMS療法』ではインナーマッスルだけを鍛える事ができるので、体力に自信のない方でも簡単に取り組むことができます

インナーマッスルを鍛えるメリット

インナーマッスルを鍛えることで『良い姿勢』を長時間保つことが出来るようになり、仕事や家事などによる『疲労感』を感じにくくなります

 

それだけでなく、インナーマッスルを鍛えると基礎代謝があがるので、体温が上がり『免疫力』が高まります

 

さらにインナーマッスルを刺激するとアディポネクチンというホルモンが発生し、血糖値・血圧の上昇や中性脂肪の増加を抑え、生活習慣病にかかるリスクを低下させることにも繋がります

インナーマッスル強化により期待できる効果

・尿漏れや夜間頻尿の改善

・猫背の改善

・産後の骨盤のゆるみの改善

・慢性腰痛の改善

・歩行の安定

上記以外にも様々な『からだに良い効果』が期待できます

なぜインナーマッスルは衰えるの? なぜ衰えるといけないの?

日常生活中、インナーマッスルは自分が意識していなくても常に働いている筋肉です、常に体を支え、姿勢を保つために働き続けているのです

 

しかし、日常生活の乱れや不良姿勢によりインナーマッスルが萎縮してしまい『筋肉が使えない状態』『筋肉の偏り』が起こると体がゆがみ、腰痛や肩こりなど様々な不調を引き起こすだけでなく、ふらつきによる転倒のリスクも高まるので、『身体に悪いサイクル』ができてしまいます

 

良い姿勢を保てる状態ではインナーマッスルが常に働いているということなので「使わないせいで筋肉が衰えていく」という状況にはならないため、良い姿勢を定着させることでインナーマッスルは衰えにくくなります

 

一度インナーマッスルが使えなくなると

自分ではなかなか筋肉を再教育ができません。

『EMS療法』でインナーマッスルを再教育し、

『身体に良いサイクル』を手に入れましょう

 

あんず整骨院